資源新世紀 (3) 鉱物資源を新技術で開拓する

2005年 29分

 私たちは岩石の中から有効な鉱物を取りだし、資源として使ってきました。これまで資源として価値を見いだされなかった岩石にも人工的な加工処理をしたり、技術の進歩により利用しています。今回は限られた資源を有効活用するため、日夜続いている新しい探査方法や採掘などの技術の研究を紹介していきます。

受賞作品
暮らし
自然

高柳雄一(案内人) 多摩六都科学館 館長 石原舜三 (独)産業技術総合研究所 特別顧問 中村英克 (独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 金属資源技術グループ 矢島太郎 (独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 金属資源探査推進グループ 水田敏夫 秋田大学 工学資源学部地球資源学科 教授 多摩六都科学館 館長

関連記事

  1. 日本で大量の海底資源を発見 レアメタル大国へ
  2. 原油価格下落は止められない 日本は千年資源に困らない理由を武田邦…
  3. 【公式】日本には『資源がない』という大誤解【ケントギルバート】…
  4. 【日本は資源がない】『これは全部嘘だった』実は世界有数の資源大国…
  5. 南鳥島の東の海底に希少資源 九州より広い範囲に(16/08/26…
  6. 未来の新たなエネルギー!海底資源を抽出する日本の技術「海のジパン…
  7. 南鳥島近くで大規模な海底資源を発見
PAGE TOP
お電話でのお問い合わせはこちら